コミュニティ形成による口コミからの“紹介”が増えた
メディアとの関係構築にも効果を実感

株式会社エクシード

エクシード社にもたらしたストーリーの効果とは?

2011年に創業、教育機関向けITコンサルティングや教育関連のWebサービスの企画の運営、さらには、こども向けプログラミング教室「Tech for elementary」を展開する株式会社エクシード。

2016年には「2020年プログラミング教育必修化」が決まり、プログラミングに関する関心も高まってきているなか、こども向けに独自開発した「プログラミング教材」が評判を呼んでいる。現在では個人で運営している学習塾など「Tech for elementary」の加盟者は全国で100を超えている。
「プロミング学習教材」というニッチな商材を扱っているため、認知獲得面で課題を感じていた同社。そんななかでPR Tableを活用することで、認知の拡大だけでなく、加盟者のコミュニティの形成や口コミによる新規顧客が生まれるなど、大きな効果を実感するようになったという。

エクシード社にもたらしたストーリーテーリングの効果とはなんだったのか。

会社の抱える課題とPR Table導入後の効果

課題と目的

  • ニッチな商材であるため認知獲得に課題感があり情報発信の必要性を感じていた
  • 自社メディアを新たにつくるには時間が掛かるため、既存のプラットフォームを探していた
  • フランチャイズ加盟者の導入背景や想いを言語化し、資産として残したかった

効果

  • 新規メディアの立ち上げに比べ効率の良い情報発信が可能に
  • 取材依頼が来るようになりメディアとの新たな関係構築に役立った
  • 加盟者同士のコミュニティが形成され口コミによる紹介が生まれた

自社メディアをゼロから立ち上げるよりも、明らかに情報発信の効率がいい

PR Tableを導入したきっかけ

PR Tableを活用する前は、主にサービスの認知獲得面で課題を感じていました。弊社は「プロミング学習教材」というニッチな商材なので、露出の面で苦労していたんです。そこでまず、Webでの露出を増やしたいと思っていました。個人で学習塾を開かれている方など、フランチャイズの加盟者になりうる潜在層に弊社のことを知って頂きたかったんです。

自社メディアの育成には時間がかかる

新たに自社でメディアをつくって情報発信していくことも検討しましたが、それだとコンテンツの生成とメディアの育成に時間が掛かってしまいます。ならば、既存のプラットフォームを活用しよう、ということで出会ったのが、ストーリーテーリングプラットフォームPR Tableでした。

PR Tableのプラットフォームを使い始めたタイミングで、ちょうど加盟者が増えていっていたんです。最初は私たちを含めて自社の社員のことを発信しようと思っていたんですが、自分たちだけのことだとネタも限られます。そういう意味で「加盟者のストーリー」というコンテンツも日々増えていた状況だったので、その方々のストーリーを載せていく形にしました。

フランチャイズ加盟者のHPでもPR Tableのストーリーを二次利用。自社の露出増加に貢献

PR Tableを通じて2つの課題を解決

PR Tableで加盟者の方々のストーリーを発信するようになってから、普段ほとんど顔を合わせることのない加盟者の方々の「生きざま」や「想い」を理解できるようになりました。

私たちのお客さまは日本全国にいらっしゃるため、インターネットやメールを中心にしたコミュニケーションが中心です。ですから、加盟者のことを深く把握していなかったんですよ。でも加盟者のストーリーの配信を始めたことによって、取材をしてきちんと文字にも残ることで加盟者のことが理解出来るようになったんです。
加盟者の方からもポジティブな反応がありましたね。加盟者の方にとっても、自分が持っているストーリーが整理されて、オープンになる。それが情報発信につながっているので、その行為そのものを喜んで頂ける方も多かったです。

なかには、公開されたストーリーを二次利用して加盟者の方の教室にいらっしゃった方にお配りしたり、自分のホームページで発信するなりして活用されている方もいらっしゃいます。

PR Tableの活用を始めてからは、私たちが「加盟者の方を深く理解出来ていなかった」という課題や、「加盟者の方の露出」が出来ていなかったという2つの課題を解決出来たかと思っています。

メディアとの関係構築と加盟者同士のコミュニティを形成。口コミによる紹介も生まれた

メディアとの関係構築にも寄与

PR Tableのプラットフォームを通じて情報発信をすることにより、メディアとの関係構築にも役立ちました。

これは加盟者のストーリーとは別に、会社の記事を載せたときなんですが、某大手シンクタンクから取材依頼がきたんです。そのときは、パソコンの市場規模についての取材でした。「プログラミング教室が盛り上がっている理由」という切り口の雑誌の特集で取り上げて頂いたんです。


そのときお会いした担当者の方がすごく良い方で、その取材の後も、協業先の方を紹介してくださったり、逆に私たちが色んなマーケットリサーチのお手伝いをするなど、いい意味での関係を築くことができました。

予期せぬ副次的効果として加盟者のコミュニティを作ることができた

他にもPR Tableを活用した副次的な効果を実感していることがあります。それは加盟者同士のコミュニティができたことですね。特にママ加盟者さんはみんな仲良くなっています。
なぜかと言うと各加盟者の取材とコンテンツのライティングをお願いしているライターさんがいらっしゃって、その方がハブになってくださったからです。そこからママ加盟者のコミュニティができて、そのライターさんの知り合いは「全員知り合いみたい」になったんです
そこで、PR Tableの取材を受けた全国各地にいるママを中心に、ライターの方がつくったSNSでのグループを通して、活発に情報交換しています。彼女たちの口コミ力は本当にすごいんです。

コミュニティから生まれた良い口コミから加盟者が増えた

私たちが相手にしている「塾業界」や「パソコン教室業界」は横の繋がりが強いんですが、良ければすごいいい噂が広まるし悪ければ……というなかで、PR Tableさんのおかげもあり、そのコミュニティからの口コミで加盟する方も多くなってきたんです。思わぬ効果もあってPR Tableを活用して本当に良かったと思います。

これからは、PR Tableを通して、より読者を意識したストーリーづくりをし、発信していきたいです。まるで小説を読むように読者が引き込まれるような加盟者のストーリーを届けていきたいと思っています。

株式会社エクシード

社名 株式会社エクシード
事業内容

プログラミング教室の運営、教育関連のWebサイトの運営

教育事業者向けコンサルティング

設立 2011年7月1日
URL http://www.tfe.asia/
START PR Table

PR のご相談はこちら

ストーリーテリングを始めてみませんか? ステークホルダーからの理解・応援を生む仕組みとサポートをご提供します。お見積りやお問い合わせは、お気軽にご相談ください。

この内容で送信します。よろしいですか?