“人こそ最高のコンテンツ”ーーPR Tableは全方位的なステークホルダーへの情報発信に向いている

株式会社ファーストペンギン

ファーストペンギン社にもたらしたストーリーの効果とは? 

2006年に創立、アフィリエイトプラットフォームを軸に事業を展開する「ファーストペンギン」社。新規事業として、決済代行サービス「AQUAGATES(アクアゲイツ)」もスタートするなど、社名の通り様々なことに挑戦している。

ベンチャー企業である同社では、定期的な情報発信を心がけているが、どうしても大企業に比べると注目を集めづらかったという。また、扱うサービスとしてもニュースになりづらい側面もあるなかで、サービス以外の情報発信の材料を探していた。同社がPR Tableを活用することで、どんな変化があったのだろうか。今回は、コーポレート本部 スペシャリスト室 冨永潤一さんに、その効果が生まれるまでの工程・プロセスを伺った。

会社の抱える課題とPR Table導入後の効果

課題・目的

  • 上場企業や大手企業と比べて、プレスリリースとして発信できる情報が少ない。
  • 商材としても常にニュースがあるわけでもないので、継続的に情報発信ができるサービスを探していた。
  • プレスリリースでは表現しきれない企業の情報発信の方法を探していた。

効果

  • 人物にフォーカスしてコンテンツづくりができるため、継続的な情報発信が可能に。
  • SEOにおいてPR Tableのコンテンツが上位表示され、伝えたい情報を見つけてもらいやすくなった。
  • ストーリーをきっかけに、採用面接にて会話の起点になることも。

大企業のネームバリューには勝てない。
だから、“人”で勝負する

PR Tableを導入したきっかけ

ベンチャー企業には、いいと思ったら、すぐに発信していけるという「身軽さ」と「スピード感」という強みがあります。

しかし、どうしても、大手企業と我々のようなベンチャー企業ではブランド力に差があり、ニュースになりにくいという部分もあります。我々が扱う商材は、ニュース性があるネタが続くときもあれば、特にない時期もあり継続的にメディアに取り上げてもらうことが難しかったんです。

ニュースがない時であっても、新規事業のことやサービス開発の過程などを常に発信していける媒体があったら……そんなことを思っていたとき、PR Tableに出会いました。
PR Tableでは、今まで社外に出せていなかった現場の社員など、人的資本の情報も出すことができます。企業にとって人材は財産です。「ファーストペンギンにはこういう人がいるんだ」とわかっていただけるだけでも、信用がそこに生まれるはず、と常日頃から考えていたんです。

ただ、利用する前に類似サービスである情報発信のプラットフォームやメディアも探してはみたんです。でも、しっくりするものが見つかることはなかった。一つのカテゴリに特化した媒体はあっても、PR Tebleのように全ステークホルダーに向けた広報活動ができるところはありません。今では、ファーストペンギンが情報発信を続けていく場所は、ここだという実感が高まっていますね。

「人を伝えること」で、弊社の「らしさ」を表現できる

語りたい話は、自分で選べる   

ニュースリリースだと、情報発信の材料を常に用意していなければなりません。しかし、我々の悩みとしては、継続してニュースにできることが多くないところです。

同じ商品でも、切り口を変えてさまざまな角度から情報を伝えることができますが、さすがに同じ商品ばかり取り上げるわけにもいきません。書き方を変えても、いずれ飽きられてしまう。
でも、広報として伝えたい内容、実は日常の中に多数あるんです。それが「人」です。社員一人ひとりの情熱を語る場があってもいいし、会社の創立からの出来事でもいい。「人」に関することはいろんな側面で会社を表現できるため、ネタを探すという意味でもとても助かっています。

他社のページを読んでも、取り上げていることは様々であり、より親しみを抱くことができます。さまざまなステークホルダーによりファーストペンギンについてわかってもらう。そこで信用を勝ち得る。会社の実績を積み上げてそれを透明化することができるんです。

「人を伝えること」で、弊社の「らしさ」を表現できる場所。それが、PR Tableの良いところだと思います。

PR TableはSEOにも強い。だから「会社の濃い情報」を、見つけてもらえる

PR Tableの活用による3つの効果

PR Tableを活用して3つの効果を実感しています。

まずは、SEOの観点からですね。ステークホルダーが、社名やブランド名で検索した時に、PR Tableのコンテンツが上位表示されるんです。それによって、検索で弊社の情報に辿り着いたステークホルダーに対して、濃度の高いコンテンツを提供できる。この「良質な情報を見つけてもらえる」ということは大きな武器と言えます。

また、コーポレートサイトだけでは、情報を出し切れない部分が補えるんです。コーポレートサイトですと第三者からみると、どうしても「自己PR」のような一方通行なメッセージという印象を与えがちです。

そこで、単なる自社で記事を制作するのではなく、PR Tableの制作代行サービスを活用することにしたんです。第三者にきちんと取材して書いていただくことで、「手前みそ感」を排除した目線でのコンテンツを届けられるようになりました。

外部の場所であり、読み物として存在するから、クライアントでなくても目にしてもらった時に、記憶に残りやすく潜在的ユーザーになってもらうことも可能だなと思います。

2つ目は、コンテンツの流通先が多いということです。
PR Tableはコンテンツの配信先にソーシャル経済メディア「News Picks」があり、認知活動の一環として広告配信を行いました。それを新卒採用の学生が見て、ファーストペンギンの存在を知ってくれたということもありました。

間接的にではありますが、それがきっかけで、採用に繋がったこともあるんです。大手企業に流れていきそうな有望な戦力たちが、ファーストペンギンに人生をかけてみたいと思ってもらうことは、自社の発展や可能性につながります。

PR Tableは独立したサイトではなく、様々なメディアとも連携しているので、既存のステークホルダーだけではなく、多くの人に届く可能性も秘めているんです。

3つ目は、PR Tableのコンサル力ですね。
社外アドバイザーとして、この話は今出すべき、今は温存すべきっていう記事を公開するタイミングも的確にアドバイスしてくれるので助かっています。
弊社の事業モデルもきちんと認識してくれた上で、フランクな雰囲気で取材もしてくれますし。

そして、読んでくれる同じようなベンチャー仲間からのリアクションも、また人と人がつながっていき、そこに多様なアイディアが生まれるきっかけがある。

このサービスを活用して、ストーリーテリングはやはり「人の想い」とか「温かい血」が流れていることとかが、重要なんじゃないかと思ったんです。

今後、PR Tableに期待したいこと

PRを支援してくれる会社って本当に少ないんです。それは、一つの広告代理店の進化系なんですけど、売るための広告は提案することはあっても、会社の人格などを踏まえて、弊社のことを本気で考えてくれる。長い付き合いを目指してくれるところって、ほとんどないような気がします。

だから、PR Tableの考えるPRの価値を突き詰めてもらって、どんどん新しいサービスを提供してほしいと思います。

ストーリーが蓄積していくことで、会社と会社の出会いや、会社の信用になったり、学生が働きたいと思うきっかけになったり、多岐にわたるニーズがあるわけです。だから、PR Tableの新しい提案に、ファーストペンギンも興味津々だし、チャレンジして、楽しんで参加していきたいと思っています。

株式会社ファーストペンギン

社名

株式会社ファーストペンギン

事業内容

デジタルコンテンツのアフィリエイトASP事業のほか、事業の多角化を加速している。

設立 2006年8月8日
URL http://first-penguin.co.jp/
START PR Table

PR のご相談はこちら

ストーリーテリングを始めてみませんか? ステークホルダーからの理解・応援を生む仕組みとサポートをご提供します。お見積りやお問い合わせは、お気軽にご相談ください。